赤星 周展<タブラ・ラサ> 9月14日から開催

こんにちは。

朝夕は涼しく、心地の良い季節ですね。

展覧会のお知らせです。

9月14日から赤星 周初となる個展、<タブラ・ラサ>を開催いたします。

 

自身の思考の跡を見つめ、見せる。

表現はキャンバスだけに留まりません。時にはトレーシングペーパー、ダンボールなどに描き、それらの作品パーツを切り、貼り、

組み合わせ、ばらばらにあった物体が、彼女の手によって、絵画の枠を超えた奇想天外な作品へと生まれ変わります。

自在に作品パーツを操る行為はどこか遊びのようにも見えますが、いままでに見た何とも似つかない、何にとらわれることなく生み出される

その思考の跡からは、不思議なエネルギーが感じられます。

今回はギャラリーの空間全体を大胆に使い、個々の作品をインスタレーション的に魅せることを試みます。

<タブラ・ラサ>(=空白の書版)へ色付けし創り出される世界をぜひご覧ください。

 

 

赤星 周展<タブラ・ラサ>」
2017年9月14日(木)~10月4日(水)
会場:NODA CONTEMPORARY (アークロック栄ビル3F)
open:11:00~18:00
close:日曜、月曜 (※9月23日(土・祝日)も開廊いたします)

2017年09月04日